用語集

KJ法

ヨミガナ:ケージェイホウ

種別:分析手法

文化人類学者の川喜多二郎が、データをまとめるために編み出した手法。発案者のイニシャルから名づけられている。データやアイデアをカードに書き出し、それらをグループごとにまとめて整理していく。全体を把握するのに有効であり、断片的で雑多なデータを統合して、創造的なアイデアを編み出したり、問題解決のヒントの発見に利用される。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

Copyright © 2015 CITATION JAPAN CO., LTD. All Rights Reserved.