用語集

ロジスティック回帰分析

ヨミガナ:ロジスティックカイキブンセキ

種別:分析手法

目的変数が「0か1」の2値データ(ある・なし/はい・いいえ など)の場合に用いる回帰分析。予測値が0~1の間に収まる結果になる。
線形回帰分析が量的変数を予測するのに対して、ロジスティック回帰分析は発生確率を予測する手法といえる。
基本的な考え方は線形回帰分析と同じなのだが、予測結果が 0 から 1 の間を取るように、数式やその前提に改良が加えられている。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

Copyright © 2015 CITATION JAPAN CO., LTD. All Rights Reserved.