事業内容 > 事例

事例

流通向けロイヤルユーザーの構造解明

【背景と目的】

■これまでのRFM分析では購買パフォーマンスが高くても、見せかけだけのロイヤルユーザーが多く含まれていることがあった。
■ロイヤルティを向上させるためのクリティカルポイントが把握しきれていなかった。
■よって、真のロイヤルユーザーを見出すとともに、ロイヤルユーザーへ導くための方法を明らかにすることが必要になった。

ロイヤルユーザーの構造解明

【結果・活用事例】

■行動面のみのロイヤルユーザーと意識面を含めたロイヤルユーザーは必ずしも一致しないことが明らかとなった。
■既存のロイヤルユーザーとともにロイヤルユーザー予備軍(≒重視顧客)を発見することができた。
■会員のロイヤルティ構造が把握できたことで、各層別の施策の方向性を明らかにすることができた。

Copyright © 2015 CITATION JAPAN CO., LTD. All Rights Reserved.