事業内容 > 事業領域 > 診断事業 > MSQ

「やる気」分析システムMSQ - Motivation of Status Quo -

「やる気」分析システムMSQ(Motivation of Status Quo)は、組織の業績向上に向け、その原動力となる構成員・組織全体の「やる気」を数値化して表示するアンケート調査システムです。
JTBコミュニケーションデザインが1996年に開発・発表し、すでに1000以上の組織でご採用いただいています。(2014年3月現在)

【基本的な考え方】

MSQでは、モチベーションを次のように捉えています。
・モチベーション向上により、パフォーマンス(業績・成果)向上を実現できる。
・モチベーションは、それを左右する要因(モチベータ)の刺激により、向上させられる。

【調査方法】

  • 1. クエスチョンシートへの回答記入もしくは、インターネット上で質問に回答していただきます。
    所要時間は約15分程度です。
  • 2. ご回答いただいたデータを当社にて、集計・分析し回答者の個人向け分析と、管理者向けの
    組織分析の2種類のレポートをフィードバックいたします。

MSQレポート分析項目及び活用方法

1. 管理者用分析レポート

分析項目

(1) やる気の高さ(モチベーション・チャージ)
組織のモチベーション・チャージ=「やる気指数」が、100を満点として析出されます。 組織全体での指数はもちろん、性別、年齢別、部署別等、様々な切り口で「やる気指数」をグラフ表示します。どのようなグループに課題があるのかが、明確になります。

(2) やる気の要因(モチベーション・スタイル)
組織のモチベーションを促進している要因、阻害する要因を明らかにします。下図のように、関心度・満足度という2方向の軸を設定し、モチベータの位置関係を分析することで、組織全体、部署別のモチベーション・スタイルを見ることができます。 なぜ「やる気」があるのか、なぜ「やる気」がないのかが、明らかになります。

(3) 業績につながるやる気(パフォーマンス特性)
業績を上げている人は、いったいどのようなモチベーションを持っているのかを明らかにします。 実際に上げている業績(リアル・パフォーマンス)、潜在的な資質(ベーシック・パフォーマンス)の両側面から、業績のタイプ分類を行い、タイプ別のモチベーション特徴を抽出するのです。

活用方法

  • モチベーション向上施策策定の資料とする
  • 部門長が部門運営戦略の資料とする
  • 評価制度などの変更、教育研修などの効果測定として用いる  など

個人別分析レポート

分析項目

  • やる気の高さ   「100点満点で何点か」
  • やる気の要因   「やる気を支える要因、阻害する要因は何か」
  • 業績の認識   「自分の業績をどう評価しているか」「業績を上げる潜在性はどのくらいか」
  • やる気向上のためのアドバイス

活用方法

  • 各人が自分のレポートを読み、自身に関する気づきを得る、今後のやる気向上について考える
  • 上司が部下を理解するために読み込む
  • 上司と部下の面談の資料とする
  • 研修のツールとする

料金

サンプル数100名まで ¥1,000,000(税別)
101名以上1名につき ¥3,000(税別)

例)200名の場合:
¥1,000,000+¥3,000×追加100名=¥1,300,000

パッケージ内容
1. クエスチョン・シート(紙またはサイトによる)
2. 回答データの入力・集計・解析・結果出力
3. MSQレポート個人用(個別封入済み)
4. MSQレポート管理者用(組織分析)
ホームページ上での
個人向け「やる気」診断
1件¥3,800(税別)

個人別レポートサンプルはこちら [PDF]

msq_btn
詳しくはMSQ専用サイト(外部ページ)へ

Copyright © 2015 CITATION JAPAN CO., LTD. All Rights Reserved.