会社紹介 > 代表者挨拶

代表者挨拶

"シタシオン"とはフランス語で『心に残る一節』という意味です。
お客様にとって「シタシオンの仕事は印象的だ」という評価をいただくことを我々のミッションとしようという創業理念から名づけられた社名です。

シタシオンジャパンは「総合的なマーケティング&リサーチ会社」です。
いわゆる「調査屋」「コンサル屋」にとどまるのではなく、課題(現状)から目的(目指すべき未来)という企業の課題解決フローを「総合的」に支援することを事業としており、私個人はこれを「クライアント協業型のマーケティング支援活動」と呼んでいます。

具体的な事業領域は以下の3つです
1、マーケティングリサーチ事業
2、マーケティングコンサルテーション事業
3、診断事業

リサーチ事業の主サービスは、「各種市場調査の企画と実行」です。定量的な調査、定性的な調査ともに、調査企画の提案~最終的なレポーティングまでの全ての段階を領域としています。
特に、消費者の心理的側面にフォーカスしたリサーチを強みとしています。われわれは、自身のことを「心理学・統計学に基づいた消費者理解に強みを持っている」と確信しています。

コンサルテーション事業の主サービスは、「マーケティグ活動の諸支援」というやや大くくりな表現をせざるを得ません。明確に申し上げると、「クライアント会議のファシリテート」「マーケティング計画そのものの提案と支援」「マーケティングの理論と実践に関する講習」などを指し、企業のマーケティング活動全般のファシリテートサービスです。

最後に診断事業です。これは、各個人の「性格」や「能力」などを診断して、その個人が自分自身に最適な「職」や「学び」を手に入れることを支援する事業です。
前述の2つの事業が「企業の意思決定支援」であるのに対し、この診断事業は「個人の意思決定支援」がミッションである、といえます。
この事業の価値の源泉は、我々がマーケティングを通して、「消費者とは何か」「人とは何か」を徹底的に追求してきた成果そのものです。
われわれは、その成果を企業だけではなく個人にも還元したいと考えています。

私たちは、この3つの事業を通して、関係する企業や人の「心に残る(=シタシオン)」仕事を遂行し続けることこそが、シタシオンジャパンの存在意義そのものだと信じています。

事業の詳しい内容に関しては、このサイトでもご紹介しているコンタクト先に
気軽にお問い合わせいただければ幸甚です。

代表取締役会長兼社長 小出紘道

横浜市立大学商学部卒業後、(株)東京個別指導学院入社。同社にて教室責任者を務めた後退社、渡英。 ロンドン大学(London School of Economics and Political Science)を経て、 英国立ヘリオットワット大学経営大学院で、経済学、経営学の修士課程に学ぶ。MBA(経営学修士)。 帰国後、2003年シタシオンジャパン入社。2006年より財務担当執行役員、2007年より代表取締役社長、2010年12月より代表取締役会長兼社長。

Copyright © 2015 CITATION JAPAN CO., LTD. All Rights Reserved.